やっぱ80sでしょ

80s70% その他の洋楽20% 邦楽10%な 音楽生活

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今でも頑張っている Hall & Oates
私が知ったのは Private Eyes ころなので
その少し前に全米1位となったこの曲を
知ったのは ずっとずっと後である

Kiss On My List(1981年)

ビジュアル的におじさんなアーチストなので
ミーハー高校生だった私は スルーしていたが
30を越した頃から このデュオの良さが
理解できるようになってきたw

Private Eyes や Maneater のかっこいい感じではなく
やわらかい曲調
オムニバスの Kiss というCDに収録されており
綺麗なラブソングとしてこの曲を知ったが
実はアンチラブソングらしい
「君のキスは素敵だけど 唯一無二ではない」
という曲なのだそうだ
軽っww

幸せな気分のときに聞いていた私は
かなり間抜けかもしれない
それでも やっぱり心地よくなれるのは
Daryl の 伸びやかなヴォーカルの力だと思う


スポンサーサイト
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
ここ10数年 世間お騒がせの Michael Jackson
どこかで 何か狂っちゃったんだろうなと
思うこの人であるが そうなる前であり
そうなるきっかけとなってしまったのでは?と
思うアルバム Thriller に 収録されている

Human Nature(1983年)

このアルバムは Thriller Beat It Billie Jean といった
大ヒット曲が目白押しで Human Nature の 存在は
ひっそりとしてはいるが それでも全米7位を獲得している

Paul McCartney と 共演した
Baby Be Mine(全米2位・全英8位)と
一緒に収録され シングルカットされている

これまた洋楽に走り始めた頃に
Thriller 目当てに買ったアルバムなのだが(ミーハー)
今でも 聞きたくなるのは Human Nature である
スローな曲とボーカルが 心地よく響く
後の1995年に 史上初のビルボード初登場1位を獲得する
You Are Not Alone への 布石のように感じる

兎にも角にも Thriller は
アルバムとして よくできているとしか言いようがない

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。