やっぱ80sでしょ

80s70% その他の洋楽20% 邦楽10%な 音楽生活

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80s っぽくないが MTV で プロモ流れてたので
そういう認識でいいのかなとw
独特の彼女の世界は ジャンル分けが難しい
映画 LORD OF RING 以来
(または 冷静と情熱のあいだ) CM 起用が増え
よく耳にするが デビューは 87年と古い

Orinoco Flow (1988)

デビュー曲ではないが この曲で
世界的に有名になった
UKチャート 1位を記録している

私は この曲のプロモを観て
彼女の虜となってしまった
録音手法も 自分の声を重ね合わせ
美しく仕上がっているが 映像も
芸術的である

80s 時代の中で 現在も活躍している
数少ない女性アーチストの中の1人だ



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
昨年 Hung Upが 大ヒットしたMadonna
また Dance Music が 歌いたくなったと言っていた
やはり彼女には Dance Music が よく似合う

私が Madonnaで イチオシは
名盤 True Blue に 入っている

White Heat(1986)

USチャートには 入ってきてないが
初来日ライブで(テレビで見た)
この曲を歌いながら 階段を駆け下り
ビスチェ姿でステップを踏みながら踊る
彼女が めっちゃカッコよかったのを
鮮明に覚えている

True Blue は 名曲揃いで かなり好きな1枚

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
80s 好きって人じゃないと
馴染みのないアーチストだと思われる
Alan Parsons Project

音を追求したアルバム作りをしていたため
ライブなどは していなかった

MTVのプロモを見て 彼らを知ったが
巷でよく聞くという売れ方でもなかった

でも 名曲ぞろいである

一般には Ammonia Avenue というアルバムが
代表作とされているが 私は 

Days Are Numbers (1985)

が 収録されている
Vulture Culture の方が 好きだ
癒し系の中に POP感が入った感じ

今でも長時間ドライブの時には
このアルバムは必携である



Days Are Numbers は
天才テレビくんというNHK教育の番組で
子供たちがカバーしていたので メジャーな曲といえる
この曲もかなり好きで タイトルに使ったが
実は このアルバムの2曲目の Seperate Lives が
私の一押しである
シンセの使い方が絶妙だと思うのは 私だけであろうか
アルバムの試聴さえもできないが・・・(ノω・、)
テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
若い人でも耳にしたことのあるであろう曲
ココリコミラクルタイプのオープニングテーマ

Relax (1984)

Frankie Goes to Hollywood というグループ名は
フランク・シナトラのハリウッド進出から
つけられたらしい(この時点でふざけている)
歌詞を見ても 日本人にはどうってことないのだが
英語のわかる人には かなりキワドイ歌詞で
放送禁止になった時期もあるイワク付の曲

UKでは 人気の高かったバンドだが
USでの大ヒットは Relax のみ
確かに よくできている曲だ
飽きがこない 古臭くない インパクトでかい
プロデュースの評価が高い作品としても知られている

ちなみに私は MTV や Disco で
ノリノリ~で 聞いていた輩であるw
(リアルタイムでは 何も知らず・・・)
マキシシングルが 2枚出ているが
やはり オリジナルがいいと思う(個人的見解)

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
最初の1曲目は 洋楽への入り口となり
かなりミーハーに好きだった Duran Duran

The Reflex(1983)

今で言うとこのビジュアル系の走りだが
ビデオクリップも かなり演出されていて
当時画期的だった
US UK 共に チャート1位を記録した
代表作といえる
気だるい歌い方とPOPな演奏

この曲の収録されている
Seven & The Ragged Tiger の ジャケがまた良い
古地図をモチーフに使っており 彼らのアルバムの中で
一番洗練されていると思う(私の見解でしかないがw)

もちろん 「レコード」を持っている

このアイドル的バンドをきっかけに
私は洋楽にハマっていったのであった

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。